伝説を作った人たち

志村けんが残した。日本の喜劇王やコントの神様と呼ばれた日本を代表するコメディアンの言葉常識をバカにする奴に、 常識を超えたことは絶対にできない。気取らないことや飾らないで、人より笑いに真摯でストイックで常に謙虚で人に期待されると、調子に乗ったように演じられる、バカを演じられる天才。

志村けんさんが 新型コロナウイルスによる肺炎のため 突然この世を去りました 「日本の喜劇王」 「コントの神様」 と言われた 日本を代表するコメディアンでした。 志村けんさんは ザ・ドリフターズのメンバーで 全盛期のザ・ドリフターズは いかりや長介さ…

ラグビーワールドカップ 日本代表最大の山場のスコットランド戦が開催へ。ワールドクラスの9番10番のハーフ団と15番のスチュアート・ホッグなどを擁するバックス展開ラグビーがうまいスコットランド。フォワード陣は日本も負けていないし、ディフェンスの踏ん張りでロースコアに持ち込むのがポイントか。フォワードでポイントをつくりファールしないようにゲインしながら、決め手の両ウィングに繋げるかなどポイント。ラグビー経験者がみるポイントとは

ラグビーワールドカップ 日本のグループリーグの最終戦が 今日行われます。 相手は前回のワールドカップで唯一負けた相手の スコットランドです。 前回は日本が日程的不利や、 イングランドという スコットランドからしたらホームみたいな場所で行われたので…

ラグビーワールドカップで日本代表が優勝候補のアイルランドに歴史的勝利。日本19-12アイルランド。ジャイアントキリングが起きにくいラグビーでジャイアントキリングと呼べる勝利だが、奇跡ではない。80分間相手の良さを消す。相手の強さや上手さを抑えるために、根気強い守備が、リードして相手をさらに焦らせたプラン通りの勝利ではなかったのでしょうか。

日本で開催されているラグビーワールドカップで 日本は世界ランク2位の優勝候補にもあがっていたアイルランドと対戦し 日本19-12アイルランド で歴史的勝利をおさめました。 身体の強さなどではアイルランドの選手の方が上だったと思います。 スコットラン…

アイルトン・セナを思い出す5月1日は命日。音速の貴公子の伝説のレースは1992年モナコGP。セナ・マンセルの名勝負。モナコ・マイスターと呼ばれた男。マクラーレン・ホンダや日本のF1の全盛期に主役だった男。

全盛期のF1には、音速の貴公子がいた セナとは プロフェッサーことアラン・プロストや無冠の帝王ことナイジェル・マンセルら個性あふれるライバル セナの最も印象に残る1992年 第6戦 モナコGP スタートで2番手に浮上 マンセルの緊急ピットイン マンセ…

 

 

Sponsored Link