PEGレシオを使う

 

スポンサーリンク

 

一般的にはじめたばかりの投資家でも知っているのが、

 

PER(株価収益率)

で、

PER = 現在の株価 ÷ EPS(1株あたり利益)

でもとめるのが一般的だとおもわれます。

 

 

成長株(グロース銘柄)では

 

将来成長を見越して期待値の乗った株価が形成されるため

PERで言えば、30倍以上、100倍を超えるようなPERがつくこともあります。

その株価が割高か、割安かをみるのに

 

PEGレシオ 

を使うのも有効になります。

 

Price Earnings Growth Ratio

PEGレシオとは、PERと利益成長率を割ったものです。

 

▼PEGレシオの計算式
PEGレシオ = PER ÷ 利益成長率

 

利益成長率とは、1株あたり利益(EPS)の成長率

 

利益成長率は1年の数値をとるよりも

過去3年くらいの平均値をとるのがより精度があがります。

 

PEGレシオで判断すると

1倍以下が 割安

1~2倍が   妥当

2倍以上が 割高

と判断できます。

 

私もこの銘柄が、将来時価いくらになるって考えるときに

投資判断(タイミング)などに使います。

割り負け銘柄を探す判断の一つには使えます。

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

 

 ブログでフォローというかたちで公開している銘柄の実績を記載しています。

 

現在・ブログでフォローしている銘柄と過去にフォローした銘柄の実績など(2018.10~)

 


 

★スポンサーリンク★ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入品などをあげています。 

 

ROOMで注目しているものもあげていきます。

 

相互リンク

ねこぷろ

 

 

www.nekopuro.com

 

姉妹サイト 

ねこぷろ

もよろしくお願いします

つきみあかり

 

blue-tears.hateblo.jp

 

姉妹サイト 

つきみあかり

もよろしくお願いします

 

>