高グロース割り負け銘柄・中長期・現物株投資法 ROICを使いたい

 

スポンサーリンク

 

高グロース割り負け銘柄・中長期・現物株投資法

 

をこのブログでは推進しています。

 

年に20%以上伸びるような成長企業に

その銘柄が割り負けしているのを確認の上、

将来的に期待できる時価総額を分析し、

トレンドが落ち着いたときに

現物株で購入し

数か月から1年ほど保有して

2倍以上のリターンを目指すスタイルです。

 

いろんな側面から

企業の将来を見極めていくうえで

いろんな指標を用いていますが、

ROIC(投下資本利益率)も使用したりしています。

ROIC(投下資本利益率)ツリーというのがあれば非常に便利です。

個人で集めるには情報を集めにくく計算しにくい指標です

 

 

ROIC(投下資本利益率)というのは、

企業が事業活動のために投じた資本(IC)に対して、

本業でどれだけの利益を出せたか

 

を測る指標です。言うまでもないことですが、数字は高い方がよいです。具体的な計算式は次のようになります。(NOPLATとは、税金〔主は法人税〕を引いたあとの営業利益を指します)

  • ROIC(投下資本利益率)=NOPLAT÷投下資本(IC)
  • NOPLAT=営業利益×(1-税率)     ※税率は40%前後
  • 投下資本(IC)=株主資本(純資産)+有利子負債

ROICNOPLAT投下資本で割ることにより算出されますが、ここで出てくるNOPLATとは、営業利益から税金(約40%)を引いたものです。当期純利益からではなく、営業利益からの数字を引っ張ってきているため、本業で稼ぐ力をよりよく表している指標であるといえます。

ほんと自分で調べるのにも限度があって、

いろいろなところから調べてましたが、

証券会社で分析ツールとして、

使える証券会社があったので

今興味を持っています。

 

証券会社も投資をはじめて20年ほどになりますが、

4つほど使ってきて、メインで使うところを移動してきましたが、

ここ7~8年は今使っているところをメインでしてきました。

2004年前後ぐらいには個人投資家などがネット証券ブームに乗っかって

いろんな証券会社を比較して、

検討してましたが、

ずっとそこで使うようになっていて、

移動することもなくなっていました。

 

投資のスタイルも完全な中長期にもなってきているので、

証券会社を変えるメリットとかも考えなくなってきていましたが、

ブログをはじめたと同時に

色々と見直しはじめているので、

個人的には証券会社の見直しもはじめました。

 

メインを変えるかはまだ決めていませんが、

情報が優れているっていうのには魅力を感じました。

 

手数料も魅力的ですが、私が惹かれたのは

投資の情報量です。

ブログでも色々と書いていく上では、

情報集めと分析は大事だと思っています。

 

使いやすさとかそういうのは実際に使ってみないとわかりません。

なのでそういうのはまた報告します。

 

 

 

 

 

 

 

▼分析ツールや投資情報が充実。これも無料で利用可能  ・企業価値のイメージ化や将来の理論株価を予想するシミュレーション機能  ・充実のマーケット情報、市況ニュースの無料提供

 

 

 

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

 

 ブログでフォローというかたちで公開している銘柄の実績を記載しています。

 

現在・ブログでフォローしている銘柄と過去にフォローした銘柄の実績など(2018.10~)

 


 

★スポンサーリンク★ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入品などをあげています。 

 

ROOMで注目しているものもあげていきます。

 

相互リンク

ねこぷろ

 

 

www.nekopuro.com

 

姉妹サイト 

ねこぷろ

もよろしくお願いします

つきみあかり

 

blue-tears.hateblo.jp

 

姉妹サイト 

つきみあかり

もよろしくお願いします

 

>