香川真司選手 今冬の移籍は確定的。スペイン・セビージャか?

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:feminism-hysteric:20181127115115p:plain

ドルトムントに所属する香川真司選手は、

チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でも

メンバー外なったみたいです

ドイツ『ルール・ナハリヒテン』が報じました。

 

ドルトムントは11日、モナコと対戦する。

 

一方で、すでにチャンピオンズリーグでは

決勝トーナメント進出が決定済み。

そのため、このアウェー戦には

アクセル・ヴィツェルマルコ・ロイス、トーマス・ディレイニー

といった中盤の主力選手たちが帯同しない見込みとなっている。

 

ルシアン・ファーヴル監督は

 

「我々には良い選手たちがいる」

 

と選手層の厚さを強調したが、

それでも香川選手はメンバー入りしないという。

 

その理由としては、冬の移籍への「予防策」とされており、

「ケガで移籍ができなくなってしまっては意味がない」

と書かれているようです。

 

実際に控え組を使うチャンスのモナコ戦で

メンバーにも選ばれないということで、

ファンの間からも、

ドルトムントのユニフォームを着た香川選手を

観る機会はない

香川選手をもうみれない悲しい。

香川選手とお別れだ、残念だが、幸運を祈っている。

などの声があがっている。

 

事実上、今冬の移籍は確定的。

 

怪我をさせないようにということならば、

どこかのチームと合意している可能性も

高い。

 

もし合意しているならば、

 

香川選手の要望もみたせるレベルのチームということで

 

スペインのチームとなるでしょう。

 

 

香川選手はリーガエスパニョーラ (Liga Española)の移籍を目指しています。

 

 

リーガエスパニョーラ (Liga Española)

 

EU圏外選手枠(non-EU players)」はベンチ入り・出場ともに3名

 

ということもあり。

 

 

セビージャ

 

3-4-1-2

3-4-3 

3-5-2

 

現在 EU圏外選手枠あり

 

バルセロナに次ぐ2位

 

香川選手がもし移籍したら、2列目でプレーしそうです

パブロ・サラビア、フランコバスケスがプレーしているポジションになると思います。

 

準代表クラスの実力者ではあるけど、香川選手が劣るような相手ではないと思います。

パス・センス・ゴール能力などインサイドハーフ・トップ下・セカンドストライカーで香川選手の方が上をいくと思います。

実績でも香川選手のキャリアの方が上です。

テクニカルなチームのプレースタイルとも合いそうです。

 

 

夏にも照会くらいはあったようなので

選手の契約に関する内容確認くらいは行われていたのではないでしょうか


契約年数、健康状態、給料、移籍金、登録ポジションなどです。

セビージャに対して

ドルトムントは夏の時点では出す気はないっていうのを言ってたようですし、

香川選手にはそういう意思確認、ドルトムント側の意思が伝えられていた中で、

次の段階まで話が進まなかったっていうのは明らかになってきていますが、

シーズンはじまってからの立ち位置や、状況を踏まえて、

ドルトムントでの功績や、チームへの貢献度も踏まえて、

いつでも、プロフェッショナルな立ち振る舞いをしてきたし、

ファンからも人気者であるので、

香川選手の意思を尊重した譲歩はかなりあると思うので、

移籍金も市場価格以上にはなるとは思えないので、

Win Win の話になっていくと考えます。

 

セビージャなら、

現在リーガ・エスパニョーラ 上位で

CLやELのレベルで戦えるし、

常勝してきた上位の3強とも互角に試合できるし、

バルサなどの4分の1程度だといえど、選手の給料ではリーガ・エスパニョーラ 上位で

香川選手の今の給料に近い金額を払えるし、ベティスの乾とはアンダルシア・ダービー

同じアンダルシア州セビリア

スペインの南部で地中海性気候で、割に温暖な方で環境も悪くない。

環境は悪くないし、

清武選手が活躍できなかったので、行って活躍してもらいたいです。

 

ドルトムントマンチェスターユナイテッドでの欧州でのキャリアは

日本選手歴代最高選手で間違いないわけで、

 

香川選手は自信を失っているわけではないです。

揺るぎない自信もあるし、

練習試合とはいえ、

出れば、どの試合でも

その実力を示しています。

 

香川選手なら、

スペインにいっても

間違いなく

日本人で最高の成績を残してくれると思います。

 

それは彼が

残してきたキャリアと実績と

積み上げてきたものが

安定して出せるような

今脂の乗ったキャリアの全盛期に

入っていると言えるからです。

 

ドルトムントにきた当時のようなセカンドトップ的なトップ下から

年齢と経験を重ねていって、

徐々にポジションを下げながら

ゴールから離れた位置でのプレーエリアになっているので

ゴールはドルトムント1期よりペースがおちていても、

アシストは伸びていて、

出ればチームに貢献できるプレーは安定していて、

 

消えている時間が初期よりも減って

選択肢の多いプレーヤーになっているのをみると、

全盛期ですよ。

 

対人とかの数字も

年々あがっているのも

苦手だった身体をあてるプレーでも

強くなっているっていうのは示しています。

 

 

最近のように試合に出れてない状況が続くと

色々なところから

色々な書かれ方をします。

厳しい声も

香川選手が 

誰よりも悔しいと思います。

その思いを

移籍先のどこかで、

プレーで爆発させて欲しいと

心より願うばかりです。

feminism-hysteric.hateblo.jp

 


Top 10 Goals | Shinji Kagawa 🇯🇵

 

 

f:id:feminism-hysteric:20181130113653p:plain

 

 ブログでフォローというかたちで公開している銘柄の実績を記載しています。

 

現在・ブログでフォローしている銘柄と過去にフォローした銘柄の実績など(2018.10~)

 


 

★スポンサーリンク★ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入品などをあげています。 

 

ROOMで注目しているものもあげていきます。

 

相互リンク

ねこぷろ

 

 

www.nekopuro.com

 

姉妹サイト 

ねこぷろ

もよろしくお願いします

つきみあかり

 

blue-tears.hateblo.jp

 

姉妹サイト 

つきみあかり

もよろしくお願いします

 

>