東洋大学・吉川洋次 力はエース級・3区区間賞へ 箱根駅伝・最強青山学院大学を止める鉄紺・東洋大学のキーマン 

 

スポンサーリンク

 

ゆったん

箱根駅伝は青山学院が強そうですね

とく姉

強いね。半端なく。でも東洋大学に期待しています。鉄紺の意地をみせてくれるはずです

ゆったん

どの選手に注目したいですか?
 

とく姉

エース級の西山くん・エースの相澤くん・山本くんときたのでエース級の2年生吉川くんに注目です。
第95回箱根駅伝
2019年
1月2日 往路
1月3日 復路
で開催されます。
 
 

 

優勝候補筆頭は、青山学院大学
層が厚く例年に増して強いです。
 
 


小野田勇次(4) 13分59秒18 28分57秒30
梶谷 瑠哉(4) 14分01秒30 28分39秒07
橋詰 大慧(4) 13分37秒75 28分28秒08
橋間 貴弥(4) 14分08秒68 29分37秒74
林  奎介(4) 13分57秒41 28分40秒11
森田 歩希(4) 13分54秒18 28分51秒26
山田 滉介(4) 14分04秒81 29分29秒86
生方 敦也(3) 13分59秒61 29分08秒39
鈴木 塁人(3) 13分56秒25 28分54秒96
竹石 尚人(3) 14分06秒04 29分22秒79
吉田 祐也(3) 14分02秒18 29分44秒26
岩見 秀哉(2) 14分03秒09 28分49秒13
神林 勇太(2) 13分58秒70 29分23秒52
吉田 圭太(2) 13分56秒18 28分27秒40
飯田 貴之(1) 14分07秒55 ――
湯原 慶吾(1) 14分00秒71 28分53秒57

 

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

しかし、止めるチームがないとは思いません。

その1番手としてくる大学が、東洋大学だと思っています。

ここ10年一番安定した力で

優勝4回 2位5回 3位1回

常に総合3位以内と箱根駅伝では優勝争いに絡んできています。

今年のチームも

出雲2位 全日本3位となっていますが、

どちらも青山学院大学に先行されて主導権をとれずにのレースで

青山学院大学と勝負できてないです。

箱根も勝負できずに終わる可能性もありますが、

箱根ではがっぷり組み合えると思っています。

競いあってレースをできてないので、競い合ってこそ真価がでるときと思っています。

1秒を絞りだす走りを箱根ではみせてくれると思っています。

 

東洋大


小笹  椋(4) 14分31秒89 29分01秒06
中村 拳梧(4) 14分27秒87 29分21秒96
山本 修二(4) 14分57秒84 29分06秒27
相澤  晃(3) 13分40秒98 28分17秒81
今西 駿介(3)  ――    29分17秒37
小室  翼(3) 14分32秒67 30分54秒30
土壁 和希(3) 15分04秒57 30分08秒17
浅井 崚雅(2) 14分42秒12 29分35秒05
大澤  駿(2) 15分10秒81 29分16秒92
大森龍之介(2) 14分30秒16 29分19秒93
田中 龍誠(2) 14分50秒67 29分20秒02
田上  建(2) 14分24秒41 29分42秒12
西山 和弥(2) 13分46秒95 28分35秒72
野口 英希(2)  ――    29分45秒11
吉川 洋次(2) 14分15秒95 29分04秒07
鈴木 宗孝(1) 14分30秒12 29分17秒89

 

 

 

昨年の東洋大学のオーダーは

1区 西山 区間

2区 相澤 区間3位

3区 山本 区間

4区 吉川 区間2位

5区 田中 区間9位

 

6区 今西 区間5位

7区 渡辺 区間3位

8区 浅井 区間7位

9区 小早川 区間3位

10区 小笹 区間

 

12月29日に発表された区間エントリー

 

1区 西山 

2区 土壁

3区 吉川

4区 野口

5区 田中

 

6区 今西 

7区 小笹

8区 田上

9区 中村

10区 浅井

 

入れ替えメンバーの補欠競技者に

山本

相澤

小室

大澤

大森

鈴木

 

となりました。

 

山本くん 相澤くんの両エースと

鈴木くんは当日変更でエントリーしてきそうな感じです。

3人変更か4人変更か含みを持たせる感じになりました。

 

東洋大学が最強青山学院大学に勝つために

キーポイントとなる選手をとりあげたいと思っています。

 

f:id:feminism-hysteric:20181224174033j:plain

 

吉川 洋次 選手です。

 

吉川 洋次 選手の 3大駅伝での成績

 

1年時

出雲 4区 区間4位

全日本 8区 区間4位

箱根 4区 区間2位 区間新

 

2年時

出雲 6区 区間賞


第94回(2018年)箱根駅伝 往路前半(1~4区中継所) 青山学院&東洋大ダイジェスト

 

1年時の出雲からメンバーとして出ています。

同じ2年の西山くんとともに、エース級の力を持っています。

 

1年の全日本でいきなり最長のエース区間8区を任されたり、

出雲でも最長のエース区間6区で起用され

区間賞と

今シーズンの全日本に出場できなかったのが

東洋大学には痛すぎました。

 

出雲駅伝では、

一気に青山学院大学との差を縮める突っ込みをみせたものの

トップに立つことができなかったのが残念でしたが、

脅威的な突っ込みからでも、

最後までさほど引き離されず

最終的に区間賞をとれるとかは

持っているものが大きいと感じました。

 

期待のあらわれから、追いつけなかったことを厳しく言われましたが

逆に出雲駅伝を最後まで盛り上げた走りは

熱くさせるものがありました。


第30回出雲駅伝2018

この箱根では3区にエントリーされました。

体調さえ良ければ、

3区をそのまま走ってくると思います。

 

エース級の1区西山くんと3区吉川くんがどの区間に配置されるのかを注目していましたが、

颯爽と二人が1区と3区にエントリーされて

エースの相澤くんと山本くんが控えにまわるという予想外はありましたが。

東洋大学は、1区2区3区とこの3区間でトップの牙城を固めて逃げるというのがわかりました。

 

前半から勝負にいきながら、7区8区で勝負というのは間違いないでしょう。

 

3区の吉川くんは

間違いなく区間賞候補だと思います。

 

西山くん・相澤くん・山本くん・吉川くんの区間では

青山学院大学の選手に勝つことが最低限の使命。

小笹くん・今西くん・鈴木くんらの区間では負けない走り

5区田中くんも青山学院の竹石くんと差のない走りが青山学院大学の5連覇をとめる鍵となりそうです。

 

 

 

 


第94回箱根駅伝 4区 ういろう付近 part①

 

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

 

 ブログでフォローというかたちで公開している銘柄の実績を記載しています。

 

現在・ブログでフォローしている銘柄と過去にフォローした銘柄の実績など(2018.10~)

 


 

★スポンサーリンク★ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入品などをあげています。 

 

ROOMで注目しているものもあげていきます。

 

相互リンク

ねこぷろ

 

 

www.nekopuro.com

 

姉妹サイト 

ねこぷろ

もよろしくお願いします

つきみあかり

 

blue-tears.hateblo.jp

 

姉妹サイト 

つきみあかり

もよろしくお願いします

 

>