スペイン人の代理人にかえた。香川真司・スペインの地へ

 

Sponsored Link

 

香川真司選手が

代理人のトーマス・クロートから

スペイン人の代理人と新たに契約したっていうニュースが流れています。

 

香川真司選手が、今冬移籍を望んでいて、

スペインへの移籍を望んでいるのは

広く知れ渡っています。

 

スペインでは、EU圏外枠っていうのもあるので、

EU圏外選手にあたる日本人選手の香川選手は、

その枠が埋まってしまっているクラブへの移籍というのは

難しい現状があったり、

移籍金もそれなりに必要で、

年俸面では、その給料を払って雇ってくれるチームは限られているのもあって、交渉を難しくしているのもあります。

 

ただ、いろいろな移籍の噂も流れていますが、

ドイツの代理人では限度があると感じたのでしょう。

香川選手のような、人や関係を大事にする人が、

代理人をかえるということは、

よっぽどなことです。

 

今回の移籍についてだけという感じでしょう。

 

ただ、ドイツの代理人から、スペインの代理人にかえたということは、

必ず、スペインの地に立つという強い意志のあらわれでしょう。

 

どこまで話が進んでいるのでしょうか。

 

わからない部分は多々ありますが、

1週間以内に動きそうです。

 

細かな条件を詰めにいっているのかもしれません。

 

EU圏外枠が空いていて、香川選手も望むレベルや給料を満たせる可能性があるとしたら、セビージャくらいだと思います。

 

はやくセビージャで条件が合意すればと思っています。

 

f:id:feminism-hysteric:20181128114448p:plain

 

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

 

Sponsored Link