GⅠ初騎乗の藤田菜七子・コパノキッキングにも勝機あり。インティ・武豊、ゴールドドリーム、オメガパフューム、サンライズ勢など好メンバ揃う

 

Sponsored Link

 

 

 

 

フェブラリーステークス

 

競馬の2019年のGⅠレースの幕開けは、

競馬ファン以外にも注目のレースとなりそうだ。

 

2月17日、東京競馬場のダート1600mで行われる

フェブラリーステークスは

素晴らしいメンバーが揃いそうです。

 

枠順決まる

1  クインズサターン (牡6、四位洋文・野中賢二)
2  ユラノト  (牡5、福永祐一・松田国英)
3  ゴールドドリーム (牡6、C.ルメール・平田修)
4  メイショウウタゲ (牡8、北村宏司・安達昭夫)
5  サクセスエナジー (牡5、松山弘平・北出成人)
6  インティ (牡5、武豊・野中賢二)
7  サンライズノヴァ (牡5、戸崎圭太・音無秀孝)
8  モーニン (牡7、和田竜二・石坂正)
9  ワンダーリーデル (牡6、柴田大知・沖芳夫)
10  サンライズソア (牡5、田辺裕信・河内洋)
11  コパノキッキング (セ4、藤田菜七子・村山明)
12  ノボバカラ (牡7、F.ミナリク・森秀行)
13  ノンコノユメ (セ7、内田博幸・加藤征弘)
14  オメガパフューム (牡4、M.デムーロ・安田翔伍)

 

 

コパノキッキング・藤田菜七子

 

 

一番の注目と言えば、

女性騎手・

藤田菜七子(ふじた ななこ)騎手の

GⅠ初騎乗になるでしょう。

 

GⅠ初騎乗にして最高の馬がまわってきました。

コパノキッキングです。

 

コパノキッキングは

9戦して7勝、2着1回 着外(4着)1回と

非常に好成績を残しています。

しかも4連勝中です。

ここ2戦はG3を2連勝

(1200mダート・カペラSと1400mダート根岸S)

 

根岸ステークスは

フェブラリーステークスの前哨戦に

位置づけられています。

そんなレースに勝った馬が、

重賞未勝利・GⅠ初騎乗の藤田菜七子騎手にまわってきました。

 

小林オーナーが希望し、実現しました。

小林オーナーは

根岸ステークスでコパノキッキングとコンビを組んだ

マーフィー騎手が、

1600mは長いと言っていること、

負けた2戦が、今回と同じ、芝スタートのダートコースであることなどから、

もし負けたとしても、

ななこちゃんのせいにはならないだろう

既に敗因として理由があるなら。

 

藤田菜七子騎手には気楽に乗ってもらいたい

と言っているところなどから、

懐が深いと思う。

 

レースはハイペースにもなりそうだし、

コパノキッキングは差してくる馬だし、

東京コースも合いそう。

距離の不安などはあると思うが、

藤田菜七子騎手もデビューから格段に腕をあげて、

追えるようになってきている。

 

スタートはゆっくり追走から、

直線での追い比べに集中すれば良いし、

どれだけうまくためれるか

藤田菜七子騎手の騎乗には注目したい。

 

距離など不安はあっても、

勝ち負けできる馬で初GⅠにチャレンジできるって夢のある話。

またとないチャンスがまわってきたから、

チャンスをつかんでもらいたい。

 

GⅠ騎乗できる基準の31勝をクリアーしてるのは

彼女の積み上げてきた実績そのもの。

 

GⅠ初騎乗・GⅠ初勝利・重賞初勝利となるだろうか、

 

そのチャンスはある。

 

インティ・武豊

7戦6勝で6連勝で、

もうひとつの前哨戦、

東海ステークスを勝ちあがってきたのが

インティ・武豊のコンビだ。

 

 

先行すると思われます。

 

東海ステークスは前半ややスローで流れただけに

ややハイペースが予想されるだけに、

名手の腕で楽に先行できるかどうか。

初のマイルと、距離短縮が、忙しい競馬に対応できるかどうか。

 

ゴールドドリーム・ルメール

 

G14勝の実績、

17年のフェブラリーステークスの優勝馬で

昨年のフェブラリーステークスは2着。

実績ではひとつ上を行く。

 

鞍上もG1では抜かりない。

 

 

オメガパフューム・デムーロ

 

前走の東京大賞典で初のG1優勝

抑えた相手はゴールドドリームとあって、

勢いがある。

距離に実績がないのが心配だが。

 

 

 

ノンコノユメ

 

 

昨年のフェブラリーステークスの勝ち馬

自慢の末脚を爆発させた再現なるか?

 

モーニン

 

16年フェブラリーステークスの優勝馬。

 

www.nekopuro.com

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

応援・注目

池江璃花子(水泳)

www.nekopuro.com

池江璃花子(いけえりかこ)選手が1年7カ月ぶりに実戦復帰。強い気持ちで戦った想いに涙とかわいい笑顔も。白血病を治癒して、世界のトップに戻る大きな一歩に。2024年のパリ・オリンピックを視野に入れた競技復帰。 - ねこぷろ

 

 

香川真司(プロサッカー選手)

www.nekopuro.com

昇格プレーオフにまわった香川真司、サラゴサのラ・リーガ昇格はあるか。成長著しい久保建英・嗅覚の鋭敏さで溶け込んだ岡崎慎司らがラ・リーガ新シーズンへ。香川・岡崎らの日本代表復帰へ - ねこぷろ

南野 拓実(プロサッカー選手・リバプール所属)

www.nekopuro.com

サッカー日本代表・南野 拓実 (みなみの たくみ)リバプールでの新シーズンで飛躍の予感。軽やかなトラップとターンで存在感。 - ねこぷろ

 

一山麻緒(陸上選手)

www.nekopuro.com

一山麻緒(いちやままお)オリンピックへ順調。ホクレンディスタンス2020で5000mと10000mで自己記録を更新。オリンピックのマラソンでメダルを狙える走りをみせている - ねこぷろ

 

ハラミちゃん(ポップピアニスト)

www.nekopuro.com

ハラミちゃんのニュースがいろんなところであがっていますね。ストリートピアノ・ポップピアニストというジャンルで快走するハラミちゃん。新たな音楽シーンの開拓者に。 - ねこぷろ

 

ストリートピアノで有名なハラミちゃん〈harami_piano〉が7月1日にハラミ定食をリリース予定。ハラミちゃんを知ったのは広瀬香美さんとのゲレンデがとけるほど恋したいのストリートコラボから。多くのお米さんを元気に - ねこぷろ

三宅紗蘭(陸上選手)

www.nekopuro.com

三宅紗蘭(みやけさら)期待の天満屋次世代エース。愛らしくかわいい素顔とは別人の走り。ぶれない体幹と持続的なスピードをメンタルの強さや負けん気でドンドン前を追う走り。マラソンに向いているメンタルと素質を天満屋入社後、レースで走る度に成長を示している、ムラのない走りが強い。 - ねこぷろ

 

藤田菜七子(騎手)

feminism-hysteric.hateblo.jp

藤田菜七子(ふじたななこ)騎手が女性騎手初のJRA通算100勝を達成。初勝利も福島競馬場。まだまだ男社会の競馬界での女性の活躍に貢献。 - ねこ∧――∧プロジェクト

 

 

エガちゃん(お笑い芸人)

www.nekopuro.com

YouTuberとしてエガちゃんがデビューしチャンネル開設。炎上上等の江頭2:50。エガちゃん節炸裂。新たな名言が生まれるか。ファンからしてみれば、やっと土俵にあがってくれたかという気分。YouTuberに芸能人がドンドン進出。YouTuber戦国時代。エガちゃん名言集・1クールのレギュラーよりも1回の伝説 他 公式YouTubeチャンネル『エガちゃんねる』 - ねこぷろ

 

 

Sponsored Link