借りた本が『見える化』に。子供は喜んで通帳に記載された金額が貯まるのが楽しい。たくさんの本に触れる機会を増やすきっかけに

 

Sponsored Link

 

 

 

読書通帳できるところが増えてきているそうです。

 

図書館で借りた本が通帳に記載される

そんなサービスを行っている自治体が

50以上あるみたいです。

 

借りた本がわからなくなるから、

その履歴が残したいとの声から

できたみたいですが、

通帳に、その本の値段も記載できるようにしているところもあるみたいです。

 

 

 

 

本の値段が通帳に貯まっていくと

別に何ももらえるわけでもなくとも

子供たちにはきっと嬉しいものですね。

 

それだけ借りて読んでいるっていうのは

それだけ借りて読めてるから

お得だったと嬉しくもなるかもしれませんし、

 

貯まっていくのが、

楽しいと思います。

 

これをきっかけに貯めるっていうことが

貯金とかしようとか、そういう方向にも向くかもしれませんし、

子供の教育には良いことですね。

 

うちの近くでやっているところはまだなさそうですが、

うちの子供もきっとこういうのは好きです。

 

読書したことが通帳という形で

『見える化』されることは

読書するきっかけにもなると思います。

 

やる気やモチベーションをあげるような取組は

結果として

本に触れる機会を増やすと思いますし、

本の値段もわかることで

経済にも触れることができるのは

おもしろいなって思いました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link