アーモンドアイ初戦、始動も、負けられない一戦へ。ドバイターフ

 

スポンサーリンク

 

アーモンドアイの海外への挑戦がいよいよはじまります。

クラシック牝馬3冠戦の圧勝ぶりや、

古馬との初戦を

世界レコードで駆け抜けた

ジャパンカップの快勝など

一気に日本最強馬に登りつめたといえる強さをみせてきただけに、

古馬になって、

海外遠征の年と位置付けて

世界に挑戦してくれることをありがたく思います。

 

国内だけ走っている方が、

馬にもストレスが少なく、

リスクも少ないし、

賞金面などの面でも

得るものは大きいと思いますが、

リスクを冒してまで、

海外へチャレンジしてくれることを

誇りに思います。

 

勝てば名声も得れると思いますが、

チャレンジすることに意義を感じ、

そしてそこで勝つことが可能性が高い

アーモンドアイだと思うので、

期待したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

世界的には、牝馬が強いのは

ハンデ差もありますが、

知られている事実です。

アーモンドアイが牝馬で、

歴代の名牝クラスの中でもトップクラスなのは間違いないと思いますので、

そういう馬が世界に挑戦っていうのはチャンスがあると思います。

 

ドバイでは日本の馬も勝っているので、

凱旋門賞より高い壁ではないと思います。

 

距離もドバイターフの方なので、

1800mと

今年初戦、海外初戦には良い選択だと思います。

 

アーモンドアイといえば瞬発力ですが、

父の ロードカナロア が1200mを主戦場にして、

1600m以下のレースで圧倒的な強さをみせていた

2013年の年度代表馬・最優秀短距離馬です。

その瞬発力を受け継いでいる感じですね。

 

アーモンドアイは頻繁に手前を変えています。

 

手前を変える癖がある馬だと思いますが、

その度にまたギアチェンジできているので、

すごいことです。

手前を頻繁に変えまくるのは、

レースに集中しきれてないか、

疲れた脚を頻繁に変えながら

休ませた脚でさらに加速しようとしているかだと思うので、

今は良い方に出ています。

これが海外でも良い方向に出れば、

確実に良い脚を使えると思います

 

 

スポンサーリンク

 

 

そんなアーモンドアイはシャドーロールとともにメンコもしてるし、

こわがりな草食動物の馬にとって

メンコやシャドーロールによって視界を前に、気持ちを前に集中できているのが良いんだろうなって思う。

それにシャドーロールの効果で頭が低くなって、アーモンドアイのバネのある低い走りを実現できているのが、加速してからの半端ないエンジンの掛かり具合になっているように思えます。

シャドーロールと言えばナリタブライアンなどのイメージがありますが、強いシャドーロールの馬は頭が低くなってバネを活かして、地を伸びていくような雰囲気が出ています。

 

馬がぶれずに低い姿勢から、前だけみて、全身のバネを活かしている様をみて、

シャドーロールの効果が非常にプラスに出ている馬だなって思いました。

 

牝馬っていうのもあるし、積量面で牡馬に対して有利なのもあるし、オークスやジャパンカップのような先行しても折り合いがついて、馬が競馬を覚えてるっていうのもあるので、ドバイターフで良いスタートをきってもらいたいとただただ思います。

そして、どこかで最強馬エネイブルとの最高峰の戦いをしてくれるものと期待しています。

 

父の瞬発力やスピードに、自在な競馬や折り合うことのできる内面、

重馬場でも良い脚を使えるし、

前にいっても確実に良い脚を使える馬なので、

 

ドバイターフで結果を残して、

次につなげて欲しいところです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

blue-tears.hateblo.jp

 

 ブログでフォローというかたちで公開している銘柄の実績を記載しています。

 

現在・ブログでフォローしている銘柄と過去にフォローした銘柄の実績など(2018.10~)

 


 

★スポンサーリンク★ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入品などをあげています。 

 

ROOMで注目しているものもあげていきます。

 

相互リンク

ねこぷろ

 

 

www.nekopuro.com

 

姉妹サイト 

ねこぷろ

もよろしくお願いします

つきみあかり

 

blue-tears.hateblo.jp

 

姉妹サイト 

つきみあかり

もよろしくお願いします

 

>