アーモンドアイが着差以上の快勝。GIドバイターフで世界にその力をみせつけた。海外初挑戦も問題にしなかった。

 

スポンサーリンク

 

 

アーモンドアイ着差以上の快勝

2019年3月30日(日本時間31日未明)

ドバイ国際競走がメイダン競馬場で行われ、

GIドバイターフ(芝1800メートル)に出走した

アーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎、牝4歳)

が馬なりに楽に抜け出して快勝しました。

手前を替える癖をさほど使わず、

先頭に立って、気を抜くくらいなので、

最後はムチで気合を入れ直したが、

まだまだ余裕な手応えで、

ヴィブロスなどとの差も詰まる気配すらなかった。

 

初の海外遠征をあっさりとクリア。

5度目のGI制覇を成し遂げました

タイム1分46秒78(良)。

ヴィブロスが1馬身1/4差の2着に入り、日本馬のワンツーフィニッシュとなりました。

4着にも日本馬のディアドラが入りました。

強い日本馬をドバイでも見せつけました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 GIドバイターフ(芝1800メートル)

1着 アーモンドアイ
2着 ヴィブロス
3着 ロードグリッターズ
4着 ディアドラ
5着 ウィズアウトパロール
6着 サザンレジェンド
7着 センチュリードリーム
8着 マジェスティックマンボ
9着 ウートン
10着 ユーロンプリンス
11着 アイキャンフライ
12着 マウンテンハンター
13着 ドリームキャッスル

 

スピードが問われる1800mで

馬なりに最終コーナーで先頭に立つ余裕ぶりで、

スタミナ云々関係ない中

他の馬がついていけないで落ちていくような完勝で、

役者が違いすぎるレースをしました。

 

末脚がしっかりしているのに、

スタートも良く好位でも競馬ができるようになっているのが強いです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ジャパンカップのように前目でも競馬しながら、

確実に切れる末脚を使われたら、

他の馬がどんなに追っても

その差は詰まることがない。

 

シャドーロールの効果などもあって、

低く伸びのあるフォームで、

手前をうまく変えながら、

さらに加速していけるのが魅力ですが、

今回のレースではそこまで

力を出し切っている様子がなかったです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

次をどのレースを選択していくか

楽しみになりました。

凱旋門賞に行くことは間違いなくなったように思います。

そこまでに海外で何戦していくのか

そこが注目になります。

凱旋門賞でベストを考えると、

凱旋門賞を前に

海外でもう2戦はしておきたいところではないでしょうか。

春にもう1戦、8月末か9月頭にもう1戦。

そして本番の凱旋門賞に臨みたいところですね。

凱旋門賞を勝てそうな馬が

世界に1頭で乗り込むよりも、

同じ日本馬でもう1・2頭

凱旋門賞に参加してもらえたらと思っています。

やはり日本馬で凱旋門賞。

そのためには、

多頭数出してくるような

そういう海外勢もいるので、

日本馬も、アーモンドアイと同じくらいチャンスある馬には

同時にチャレンジしてもらいたい気持ちです。

 

期待が膨らむ

アーモンドアイの

GIドバイターフの快勝でした。

スポンサーリンク

 

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

 

★スポンサーリンク★ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相互リンク

ねこぷろ

 

 

www.nekopuro.com

 

姉妹サイト 

ねこぷろ

もよろしくお願いします

つきみあかり

 

blue-tears.hateblo.jp

 

姉妹サイト 

つきみあかり

もよろしくお願いします

 

>