アーモンドアイ・キセキ・サートゥルナーリアも2019凱旋門賞に向かうか?エネイブルやシーオブクラスと戦って欲しい。

 

スポンサーリンク

 

 

 

接戦も、皐月賞は素質だけで制したサートゥルナーリア

皐月賞は人気のサートゥルナーリアが

3歳になって一度も出走なしの休み明け初戦で

思わぬ接戦でしたが、

能力の違いで勝ちきった感じでした。

 

走り方をみると、

短距離タイプではないので、

ダービー以降も期待できそうです。

クラシックディスタンスの方が良い競馬ができそうです。

 

まだダービーなどがありますが、

ダービーを無事に勝つことができれば、

凱旋門賞というプランもあがりました。

 

素質馬で、ディープ系の雰囲気を持った感じもしてます。

経験不足はまだまだでしょうが、底が見えてないので、

楽しみな感じがします。

3歳で凱旋門賞に挑戦は、

精神的な負担は大きい気がしますが、

負担重量では明らかにメリットがあります。

 

遠征は大変だと思いますが、チャンスがあると思うので、

是非遠征の方向にいってもらいたいなと思っています。

 

スポンサーリンク

 

 

現役日本最強馬のアーモンドアイ

現在日本最強馬と言えるだろう、

アーモンドアイも凱旋門賞を狙っています。

アーモンドアイは間違いなく凱旋門賞にいくでしょう。

アーモンドアイには期待しています。

 

アーモンドアイやサートゥルナーリアは父ロードカナロア産駒。

ロードカナロアのスピードやパワーと

サンデー系の自身G1制覇の名牝の母の組み合わせ。

 

アーモンドアイは牝馬でこちらも負担重量で凱旋門賞に有利な条件のひとつを持っています。

 

強い日本馬が何頭も出るということは、

それだけ凱旋門賞に勝つチャンスも広がるというわけです。

 

チームジャパンとして、実際は別々でも、

メリットは明らかにあります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 先行して良し、キセキ

そして2017年の菊花賞馬で

ジャパンカップでアーモンドアイの世界レコードから

1馬身4分の3差の2着

2400mを2分20秒9のタイムで走ったり、

天皇賞秋で3着、大阪杯では2着と

昨年秋からトップレベルでの好走を続けている

キセキも凱旋門賞にエントリーすることが決まりました。

宝塚記念の結果次第となるとは思いますが、

前につけて、良い脚をつかえるタイプで

もともとは差し馬でした。

 

雨の不良馬場の菊花賞でも勝っているので、

こういうタイプのチャレンジャーも是非凱旋門賞に向かって欲しいと思います。

いろんなタイプが揃うことで、可能性は間違いなくあがると思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

最強馬エネイブルやシーオブクラス

連覇中のエネイブルや

シーオブクラスなど

強敵もいますが、

アーモンドアイだけではなく

キセキやサートゥルナーリアなども

凱旋門賞への挑戦を決めてもらいたいところです。

差がないようですごい差があるのか、

すごい差があるようで、

実はもう差がないところまできているのか、

エルコンドルパサー

ディープインパクト

ナカヤマフェスタ

オルフェーヴル

キズナ

届きそうで届かないところまできています。

あと足りないのは

運かもしれません。

 

強い馬たちの3頭以上の出走になれば、

差がどんなところまできているのか、

きっとわかるはずです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

 ブログでフォローというかたちで公開している銘柄の実績を記載しています。

 

現在・ブログでフォローしている銘柄と過去にフォローした銘柄の実績など(2018.10~)

 


 

★スポンサーリンク★ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入品などをあげています。 

 

ROOMで注目しているものもあげていきます。

 

相互リンク

ねこぷろ

 

 

www.nekopuro.com

 

姉妹サイト 

ねこぷろ

もよろしくお願いします

つきみあかり

 

blue-tears.hateblo.jp

 

姉妹サイト 

つきみあかり

もよろしくお願いします

 

>