栃木県内の宿泊施設で高いお部屋の宿泊予約がいずれも無断キャンセルとかって、明らかに故意で犯罪だよね。今の時代のサービスやシステムが全てが良いというわけではないですが、 時代にあわせた商売のスタイルや そのおもてなしというのが大事に感じました。

 

Sponsored Link

 

 

ニュースでみたんですが

栃木県内五つの宿泊施設で2020年のお正月に、

同じ名義人の宿泊予約がいずれも無断キャンセルされ、

100万円以上の被害が出たというニュースが出ていました。

これは悪質だと思います。

お正月っていうのはとりたくてもとれない人も多かったりするし、

宿泊施設からすれば稼ぎ時です。

しかも一番くらい良いお部屋が

そういう風になっているっていうのを聞くと、

明らかに故意なのはわかりますね。

どういう風に予約したのかはわかりませんが、

故意に営業を妨害したのは間違いないし、

犯罪ですね。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

今はどこからかの、サイト経由だったりして、

前払いとか、前払いでなくとも、

口座とか登録してて、

無断キャンセルなどしたら、

全額とか払うようになってたりしてるんじゃないのかなとか

思っていたので、

こんなことが起きるんだなってちょっとびっくりしました。

まあ電話予約とかだけっていうのもまだありますしね。

 

日本はお客さまをお客さまとして扱う、

来てもらって

お金を支払ってもらうという

昔ながらな部分もきっと残っているんだと

感じました。

 

そういう昔ながらの商売やお金の支払い方も

時代とともに、一部前払いとか、全額前払いとか

それが今の当たり前になってきているのかなと感じます。

実際にこういうニュースを聞くと、

前払いしてもらっておけばとか、予約金みたいなものでもあればという風にもおもってしまいます。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

実際に来る気があるお客ならば、

前払いや一時金をおさめることも

別に嫌だとは思わないと思いますし、

キャンセルしたら、いくらか払戻し振込みパターンでも良かったんじゃないかなと感じてしまいます。

今の時代のサービスやシステムが全てが良いというわけではないですが、

時代にあわせた商売のスタイルや

そのおもてなしというのが大事になってくるのではないかなと。

 

宿泊先側の、おもてなしの行為を

いたずらなのか、妨害なのかわかりませんが、

台無しにしてしまう、

そういうギリギリのところを狙った犯罪や妨害行為を

ゆるさないような、

そんな時代に対応した変化というのも大事になってきているんじゃないかなと感じました。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link