休むも相場。売るべし 買うべし 休むべしとも言われますが、投資においてポジションをとり続けていませんか?売り買い休みの三筋道と言われます。時にはゆっくり相場を眺めることで成績を向上させていきたいですね。 

 

Sponsored Link

 

株投資で

常にポジションをとる

っていうのは

非常にリスクが高いこと

 

誰しも相場を経験し

相場を読む

 

当たる時もあれば

外れることもある

それはどんなに

上達しても

 

100%読み切ることなんてできない

 

なので

買う・売るでポジションをとり続けるのも大事だが

 

大事なのは

いかに

休むかということ

 

ポジションをとらないと

おいていかれる

そんなこともあるけど

 

勝ちもしないが

負けもしない

 

そして

自分が

はっきりと

相場を読めるところに

地合や株価がくる

 

流れや状況などを

把握する時間も必要

 

そうして

流れを読みやすいところから

また参戦する

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

つまり休むっていうのは

勝率や利益を伸ばす行為につながっていく

 

休まず常に買いとか売りのポジションをとり続けることは

常にリスクをともなう。

 

大勝ちとしたとき

大負けをしたとき

 

一旦相場から離れてみる

 

そしてチャンスを待って

わかりやすい相場や

入りやすい相場になって

売買に参加する。

 

いかにうまく休めるかっていうのが

できるようになれば

間違いなく

勝てる投資家に近づくと思う

 

経験を積んで

腕があがったと思うようになると

常にポジションをとることが

リスクに感じなくなったり

変な自信が出たりしやすい

 

売ったり買ったりのポジションはとれるんだけど

ゆっくり休んで

相場を眺めるっていうのは

できるようでできない

 

これができるようになると

かなり広がっていくと思う 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

相場を休むっていうのを

意識的にできるようになるまで

 

自分も

結構な年月がかかった感じがします

 

しかし休むことによって

得るものが

ほんと大きかったりする

 

売ると買うのポジションをうまく使い分ける人もいるが

得意な方に絞って

相場がよみにくくなったり

買いにくいとか売りにくいとか感じたときは

一旦離れて、

わかりやすく

入りやすくなってから

ポジションを取り直そう

 

たったこれだけが

できるようになったら

ひとつ上級になれると思います

 

得意なポジションを

とり続けるのは

相場が

あがり続けることもないし

下がり続けることもないのだから

当然だと思います

 

休むことで

気持ちも楽になるし

休んだことで

その分いろいろと考えながら

準備して

このタイミングならいけるっていうのも

わかりやすくなるし、

リフレッシュできると

 

売るべし 買うべし 休むべし

 

売り買い休みの三筋道

 

休むも相場

 

こんな言葉も大切にしていきたいですね

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link