安物買いの銭失いにならないように、断捨離してから、値段ではなく、自分への必要性を考えながら買い物をしていくのが大事

 

Sponsored Link

 

 

 

 安物買いの銭失いという言葉があります。

安いというだけで買ってしまって、

結果として

お金などを損しているっていうことですが、

昔は安かろう悪かろうでしたが、

今は安くっても良いものがたくさんあります。

 

なので意味合いが

昔とは変わってきているように思います。

 

断捨離の意味も含めながら考えていこうと思います。

 

まずはモノを増やさないということが大事だと思います。

よく言われるのが

1年間使わなかったものは

必要ないものかもしれないということです。

 

断捨離の意味では

今あるもので

1年間の間に一度も使用しなかったものは

処分する候補にしてみるというのが

いいのかもしれません。

 

断捨離することによって

無駄なものを買わなくなるようになります。

まず断捨離して

いらないものをスッキリできたのならば

それが適量ということになります。

 

そして服なら服

道具なら道具

同じ種類のものを買うときは

壊れたり着れなくなったり、使わなくなったりしたとき

次の新たなものを買う

もしくは、

欲しくって買いたいものがあれば

それと変わりに同じ数だけ

断捨離できるものがあるかを確認することが大事です。

 

モノを大事に使うという行為こそ

安物買いの銭失いを

防ぐ方法だと思います。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 必要でないものを買うことを避けることが

モノを大事にすることにもつながるし、

今あるものを大事にできて

ムダを省くことができます。

モノが少ないと

片付けもはかどりますし、

片付いてスッキリとして

無駄なスペースなども減らすことができます。

 

つまり

常に必要か

必要でないかを

吟味しながら

把握しながら

モノを買う、

モノを持つようにすれば

ムダを減らせます。

 

きちんと考えながら買うこともできますし、

ひとつ買ったら

ひとつ手放さなければならない

と考えれば

今あるものも大事にできます。

そして

役割を終えたら、

ありがとうといって

手放すことができます。

 

感謝の気持ちを持って

接することができるので

無駄買いや

安物買いの銭失い的なこともなくなっていきます。

 

安物買いの銭失いというのは

安いからっていう理由だけで

必要ないものまで買ってしまったり

実は使うことがないものまで

買ったりして、

モノの中に埋もれて

結果使わないものを買ったりすることだと思います。

 

値段だけで、

使い勝手や使う用途なども

考えず買うと

やはり無駄な買い物をしてしまうことに

つながると思います。 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

大事なのは

値段うんぬんよりも

その用途や、

ほんとに自分に必要なものや

その品質の良い悪いが

大事だと思います。

 

思っているものと違うものを買っても

使わなくなってしまうし

ほんとに吟味して

自分に必要なものだけを

きちんと買うことができれば

愛着も持てて

モノを大事に扱うようになるので

結果モノを大切にして

長く使っていけるし、

役割を終えるまで大事に大事につかっていけると思います。

 

安物買いの銭失いが

昔とは意味合いが少しずつ変わってきてるのかもしれませんが

値段だけみて

ほんとに必要か必要でないかも

考えずに

必要もないものに

お金や時間や場所をかけてしまうのが

ロスにつながっているのかもしれません。

 

モノに向き合い方を

これからも考えていきたいと思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link