海外市場での成功の難しさ。良品計画の100%連結子会社で、 米国で「無印良品」18店を運営するMUJI USAが 米国連邦破産法第11章の適用を米連邦破産裁判所に申請

 

Sponsored Link

 

無印良品として

日本では成功をおさめているが

海外では厳しかったみたいですね。

 

良品計画の100%連結子会社で、

米国で「無印良品」18店を運営するMUJI USAが

日本の民事再生法に相当する

米国連邦破産法第11章の適用を

米連邦破産裁判所に申請しました。

 


写真素材 pro.foto

無印良品のパクリみたいな

中国メーカーなどあったりして

大変そうだったり、

無印良品の日本で成功した世界観などを

海外にもっていったみたいですが

急速にネットショッピングなどのECが

マーケットの中心になっていった中

ブランド戦略に力を入れすぎた結果

採算があわなくなり

赤字続きだった米国市場で

ついに撤退って感じだったんだと思われます

Sponsored Link

 

 

 

海外でのビジネスというのは

難しい。

それ以上に

ブランド戦略でおすのか

効率化や費用対効果などでおすのかが

問われている。

 

海外のマーケットは大きいが

日本とは比べ物にならないくらいの

消費や購入が期待される

米国などでは

非常に魅力的なマーケットだが、

その難しさは

以前の方法ではもう遅いという風になっているのかもしれない。

 

日本国内などでの

成功した手法を

そのまま海外に持ち込んでも

成功するとは限らない。

 

なので、

マーケットの分析や調査っていうものが以前より大事になっているのがわかる

 

無印に限らず

 

一世を風靡した

いきなりステーキーなども

海外では失敗している

 

Sponsored Link

 

 

 

マーケットに対する

需要というのが

見込み違いであったり、

海外での

ブランド力と価格など

原価率や販売管理費率がどのくらいで

売上がどれほど見込めて

どれほどの採算が見込めるかなどが

どうも甘いと考えます。

 

日本は国内ではなんとかなるが

海外では

ものを直に販売していく

サービスを販売していくという部分で

劣っていると思います。

 

逆に

米国などの

アマゾンなどをはじめとする

世界的な企業は

マーケティングなどをはじめ

販売やサービスを売るのがうまいと言えます。

 

日本の企業が世界に出ていく上で

そこのノウハウを積み上げていければ

世界的企業へとのし上がっていける企業もでてくるはずですが

そこは米国や中国に遅れている部分があるのかもしれません。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link