テレビ離れというより、自分のライフスタイルと時間の使い方を大事にする流れに、リアルタイムでテレビをみるというのがあわなくなっただけ

 

Sponsored Link

 

テレビ離れが

いろいろと言われますが

 

実際に

テレビではコンプライアンスなどが

強く意識されるようになって

つまらない

おもしろくない

ありふれているなど

言われていますが

 

それは

バラエティーだけでなく

ドラマなどの世界でも起こっているわけなんで

コンプライアンスだけが

全てではないと思います。

 

時代が

変わって

多様化して

選びしろが広がったというのもありますし、

 

みたいときに

みたいものをみるという

リアルタイムでなくっても良いという考えなどが

ひろがったからだと思います。

 

Sponsored Link

 

 

 

そういう意味では

Youtubeなどは

ストックしている動画を

みたいタイミングでみることができるので

今の時代にあっているというのもわかりますし、

 

テレビみたいな万人に受け入れやすいものを作る必要もなく

ピンポイントに

ターゲットを絞った

需要に働きかけれるので

特化しやすく

それが

コンプライアンスなどで

ガチガチになって

同じようなゆるい作りの

テレビが面白みがかけたと

考える人も多くなったのは

実情かもしれません

 

ただ、

テレビというものは

攻めれない部分はあるかもしれませんが

お金をかけて

プロフェッショナルで

作っていくので

やはり

素人や個人レベルで作ったものよりも

きちんと見せ方なども優れているので

やはりYoutubeの動画などよりも

見やすいとか

クォリティーが高いのは間違いないです。

 

万人に受けるモノづくりが

なされるのは

魅力です

 

 

Sponsored Link

 

 

 

昔に比べて

制作費用削られて

大変だとはわかりますが

それでも

Youtubeなどとは

まだ違う作りが魅力ではあります

 

お金のかけ方を

今後考えていけば

必ずテレビにも生き残っていく強さがあります

 

Youtubeなどに

多くの芸能人なども

進出したことを考えると

そこで同じようなことをしても

テレビに価値がでないと思います

 

テレビだからこその

企画力

お金のかけ方、

無駄を省きながら、

かけるところには

ふんだんにかけていくという

バランスさえとれれば

テレビにも大きなチャンスは残っていると思います

 

テレビをリアルタイムで

みる人が減ってきているだけで

テレビじゃないと

みれないものっていうのは

まだまだたくさんあります。

 

勝てるところで勝つ

それぞれが

うまくすみ分けできたら

テレビは大きな発信をしていける場であるのは

間違いないです

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link