送り付け商法撲滅へ、特定商取引法の改正で7月6日から

f:id:feminism-hysteric:20210703192113p:plain

出典:消費者庁

f:id:feminism-hysteric:20210703192128p:plain

出典:消費者庁



 一方的に送りつけてきて

代金を請求する

勝手に送りつけておいて

あとから代金を請求する

 

こんな行為が

横行していたのは

ニュースでも

たびたび伝わってきてましたが、

 

こんなことあるのかと思っていましたが

かなりあるのが実態のようです。

 

そんな問題に

一石が投じられた感じですね

 

一方的な送り付け行為にたいして

 

特定商取引法の改正で7月6日から
商品は直ちに処分可能(以前は14日間保管が必要だった)

勝手に送りつけてきた事業者から金銭を請求されても支払不要になりました

 

これは知っておかないと

ダメな案件ですね

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 返す必要がなくなったら

間違いなく減りますね

返品すらしなくっても良いってことですよね

 

自分の宛先で

身に覚えのないものが

勝手に送られてきたら

捨てて良いし

 

代金を請求されても

払わなくっても良い

 

きちんと売買契約が

なされてない

一方的な送りつけに関しては

払わなくっても

捨ててもかまわないわけですから

 

送りつけることは

なくなってくるでしょう。

 

ネットでモノの売り買いが

当たり前になってきたので

こういうあくどい商法が

ルールの隙間をねらって

まかり通っていたのかもしれません

 

Sponsored Link

 

 

 

 大体詐欺まがいの商法などは

法の抜け道を

うまく利用しながら行われてくるのが

常となっています

 

そんな商法などを

撲滅するためには

こういう極端なものも必要かと思います。

 

ただ

逆に

消費者側が

あくどいことを考えて

健全な業者から

詐欺まがいの行為や

変なことにならないことを

個人的には願っています。

 

騙すとか

人の弱みをつく

情報難民の無知をつくとか

法の隙間を狙うとか

そんなことにばかり知恵を使うくらいなら

 

まっとうな商売で

儲けたり

しっかり稼いで

健全に買ったりできると思うのですが、

ずる賢いって・・・・ 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link