2705 大戸屋ホールディングス(2020年7月)コロワイドが大戸屋ホールディングス に対して株式公開買い付け(TOB)。大戸屋HDの経営陣が反対して敵対的TOBに発展する可能性

 

Sponsored Link

 

 

ニュース・話題など

コロワイド<7616.T>が大戸屋ホールディングス <2705.T>に対して10日にも株式公開買い付け(TOB)を始め、現在19%の保有比率を5割程度に引き上げ子会社化すると報じた。1株3000円程度、取得総額は100億円弱になる見通し。大戸屋HDの経営陣が反対して敵対的TOBに発展する可能性があるとしている。

 

高成長(高グロース)の会社をピックアップ。売上成長率と収益性など注目 - ねこぷろ

2705 大戸屋ホールディングス

 

www.nekopuro.com

 

成長性+収益性のポイント


直近の成長性+収益性は

-4.4+-2.6

で-7ポイント

 

 

上場しているSaaS銘柄(サース)、売上高のランキング上位、時価総額や指標と銘柄比較・相関や特色は(特色、サービス、売上規模、時価総額、成長性、原価率、販売管理費率、売上高営業利益率など) - ねこぷろ

 

企業が企業にモノやサービスを売るBtoBの強みとは。BtoCと比べてみる。BtoBの会社はBtoCの会社より爆発性はないが、持続的かつ安定的で比較的商品単価が高いのも特徴。 - ねこぷろ

資本業務提携の意味とメリットを考える。 - ねこぷろ

 

  

無配の成長株にこそ投資の目。amazonなども無配でも成長投資を繰り返す限り、高いキャピタルゲインを実現し株主還元。日本株も税制などみても、無配でも事業規模拡大の増収企業への投資を - ねこぷろ

 

 

 

★ 企業の概要

 四季報2020年2集(2020年6月発売号)より参照

 

 

 

設立

1983.5

 

上場

2001.8

 

特色

定食店『大戸屋ごはん処』を直営・FCで首都圏中心に展開。

店内で調理。コロワイドが筆頭株主

 

連結事業

国内直営

国内FC

海外直営

海外FC

 

業種名

小売業

 

解説記事

【最悪期】

国内直営3増、FC3減(前期各2増、7減)。

新型コロナによる休業・短縮営業が痛恨。

持ち帰り、デリバリーの急成長、新規参入の冷食じわり貢献も遠く及ばず。

優待費用も増加。大赤字。減損残る。無配も。

 

【真っ向対立】

筆頭株主コロワイドが取締役刷新求める提案、委任状争奪戦へ。

当社は22年度売上286億円、経常益9・6億円の新中計を掲げ応戦。

冷食は8月ECも開始。

 

従業員 <20.3>

連686名 子429名(47.3歳)

 

[年]432万円

 

Sponsored Link

 

 

 

まとめ★時価総額・PER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)・ROE(自己資本利益率)・PSR(株価売上高倍率)について - ねこぷろ

 

 

 

★ 株価チャート(日足)(週足)(月足)  

 

f:id:feminism-hysteric:20200709194146p:plain

日足

f:id:feminism-hysteric:20200709194201p:plain

週足

f:id:feminism-hysteric:20200709194216p:plain

月足



 

 

 

今後の将来性・成長度合い・収益性とその構造など

 

売上や経常利益

増収増益見通し。

 

売上の伸びは 

前期(直近)の本決算で

-4.4%

過去3年間の数字をみると

実績で

売上高直近3年成長率 

年換算 

-1.3%成長

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

収益性

収益性

売上高営業利益率

前期(直近)の本決算で

-2.6%

 

過去3年の

売上高営業利益率が

0.4%

 

 

内訳をみていくと

前期(直近)の本決算で

 

原価率

43.84%で、

 

 

販売管理費率

58.74%

になっていますね。

 

 

原価率も

販売管理費率も

上昇傾向が続いていて

コロナもあって苦境と言えます

 

 

個人投資家の株式投資における、高グロース割り負け銘柄・中長期保有・現物投資の優位性について、 - ねこぷろ

 

時価総額と現状の株価位置

 

直近のキャッシュフローをみると

 

2018年

安定期

 

2019年

安定期

 

2020年

投資期

 

現状の株価から

時価総額

約153億程度だが、

それにたいしての価値っていう面で考えると

 

 会社の将来性などを加味した

事業価値や理論株価をみてみると

 

ここ最近の

過去3年間の売上成長率の平均値や

営業利益率などを加味して判断すると

 

事業価値が

19.8億円

 

財産価値が

15.1億円

 

有利子負債が

△17.8億円

 

事業+財産+有利子負債の合計で

株主価値と判断して

理論株価と呼ばれる株主価値を出してみると

約17.1億

となり

 売上や知名度などを評価しての

株価形成という感じだと考えられます

 

コロワイドが大戸屋ホールディングス に対して

株式公開買い付け(TOB)。

大戸屋HDの経営陣が反対して敵対的TOBに発展する可能性ですが

株価はTOBで上昇

敵対的TOBが成功するのか

注目されます

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link