4776 サイボウズ(2020年6月)人気のSaaS関連銘柄でテンバガー達成銘柄ですね。原価率が低めで収益性も10%は維持。キャッシュフローや財務はまずます。株価は割高も人気の証か。今後も日本のSaaSを引っ張っていく存在。

 

Sponsored Link

 

 

 4776 サイボウズ

 

★ 企業の概要

 

 


上場

2000.8

 

特色

業務を効率化するグループウェアで国内シェア高い。

パッケージソフト、クラウド両方で提供

 

連結事業

ソフトウェア

 

業種名

情報・通信業

 

解説記事

【独自増額】

働き方改革背景に業務アプリ開発ツール順調増。

グループウェアもクラウド型牽引し伸びる。

米国、東南ア軸に海外拡大。

データセンター投資や人件費かさんでも会社営業益計画は上振れ余地。増配。

 

【海外攻勢】

米国、東南アで現地配車アプリ大手に導入、営業体制強化が奏功。

豪州、台湾でも販促推進。

新型肺炎拡大を受け、中国・香港でクラウド製品無償提供。

 

従業員 <19.12>

連741名 単541名(34.6歳)

 

 

 

★関連テーマ

 

 


SaaS

ソフト・システム開発 

システムインテグレーション 

グループウエア 

クラウドコンピューティング 

デジタルトランスフォーメーション 

テレワーク 

チャット 

チャットボット 

働き方改革 

ポストコロナ  

ASP 

中国関連 

Society5.0 

IT関連

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

★ 売上(成長率)・営業利益 (経常利益(増益率))の実績と予想値

 

四季報2020年1集(2020年3月発売号)より参照

 

 

 


【業績】   売上高   営業利益

連15.12    7,013     -381

連16.12    8,039     515

連17.12    9,502     802

連18.12    11,303    1,103

連19.12    13,417    1,732

連20.12予   15,300    1,900

連21.12予   17,000    2,100

 

 

 

  

まとめ★時価総額・PER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)・ROE(自己資本利益率)・PSR(株価売上高倍率)について - ねこぷろ

 

 

 

★ 株価チャート(日足)(週足)(月足)  

 

 

f:id:feminism-hysteric:20200621195654p:plain

日足

f:id:feminism-hysteric:20200621195709p:plain

週足

f:id:feminism-hysteric:20200621195724p:plain

月足



 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

銘柄についての寸評・ひとことなど  

 財務など

ROEやROA(2019年12月期 の実績・今期の予想 四季報参照など)

資本業務提携の意味とメリットを考える。 - ねこぷろ

 

 

ROE(自己資本利益率)

 

実績

27.4%

 

今期の見込みが

28%前後となっています

 

まあまあ高水準だと考えます。

 

ROA(総資産利益率)

 

実績

11.4%

 

今期の見込みで

12%前後

 となっているようです。

 

まあまあの悪くない水準だと考えます

 

 

無配の成長株にこそ投資の目。amazonなども無配でも成長投資を繰り返す限り、高いキャピタルゲインを実現し株主還元。日本株も税制などみても、無配でも事業規模拡大の増収企業への投資を - ねこぷろ

 

自己資本比率など財務

自己資本比率

40%台

 

まだまだこれからって感じの水準じゃないかと考えます

 

有利子負債と利益剰余金を比較すると

 

有利子負債がなしで

利益剰余金がしっかりあって良いですね。

 

総合的にみると

財務はまずますいい感じだと考えます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

キャッシュフロー


2019年12月期の実績より

 

キャッシュフロー分析の重要性。実際のお金の流れを把握する。営業CFと投資CFと財務CFで会社の現状を把握しフリーCFで見通しを判断する。 - ねこぷろ

 

営業活動におけるキャッシュフロー

最新前期  2355百万円   前々期  1598百万円

 

最新の本決算における実績では

営業活動によるキャッシュフロープラス

その前の期もプラス

 

前期にたいして

増えているから

良いのではないかと考えます

 

 

 

投資活動におけるキャッシュフロー

最新前期  △1314百万円   前々期  △1436百万円

最新の本決算における実績では

投資活動によるキャッシュフローマイナス

その前の期もマイナス

 

しっかり投資していて

良いんじゃないかなと考えます

 

フリーキャッシュフロープラス 

前期もプラス

 

前期もプラスだったが、

前期よりその幅を増やしているのは

良いのではないかと考えます。

 

営業CFでしっかりプラスになって、

前期よりも伸ばしている感じだし、

 

しっかり投資も進んでいるみたいだから、

いい感じじゃないかなと考えます。

 

 

 

財務活動におけるキャッシュフロー

最新前期  △412百万円   前々期  △412百万円

最新の本決算における実績では

財務活動によるキャッシュフローマイナス

 

財務改善いいですね。

 

今後期待していきたいところですね。 

 

総合的なキャッシュフローは

キャッシュフローは安定期

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

今後の将来性・成長度合い・収益性とその構造など

 

売上や経常利益

増収増益見通し。

 

売上の伸びは 

前期(直近)の本決算で

18.7%

過去3年間の数字をみると

実績で

売上高直近3年成長率 

年換算 

18.6%成長

 

 

収益性

収益性

売上高営業利益率

前期(直近)の本決算で

12.9%

 

過去3年の

売上高営業利益率が

10.3%

 

 

内訳をみていくと

前期(直近)の本決算で

 

原価率

7.95%で、

 

なので粗利が

92%程度と

非常に高いですね。

 

販売管理費率

79.30%

になっていますね。

 

 

原価率はかなり良い感じで、

 

売上が伸びれば

利益の向上が期待できそうですね。

 

販売管理費率は高めで収益性を落としていますが

改善をさせて向上させています。

原価率は良いですね。

 

 

個人投資家の株式投資における、高グロース割り負け銘柄・中長期保有・現物投資の優位性について、 - ねこぷろ

 

時価総額と現状の株価位置

 

現状の株価から

時価総額

約1775億程度だが、

 

その時価総額は

 

PSRでみると

11.15倍程度

となっています

 

予想PERでは

101倍以上

となっています

 

上場からの年数などから、

現状のPSRをみると

 

割高な水準

 

と言えるレベルではないかと考えます。

 

また予想PERなどを

成長率(売上・利益などの合算)で割って

 

PEGレシオで判断してみると

 

現状の株価は

 

割高な株価

とも言えるのではないかと考えます。

 

 

SaaSで人気の銘柄ですね。

上場以来テンバガー達成銘柄ですね。 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link