SaaS(サース)とは、サービス型ソフトウエア。意外と身近にあるサービス。普段使ってても言葉にはなれていない。その特徴やメリットなどは何かを確認してみる

 

Sponsored Link

 

SaaS(サース)はSoftware as a Serviceの略称で、

「サース」または「サーズ」と呼びます。

ベンダーが提供するクラウドサーバーにあるソフトウェアを、

インターネットなどネットワークを経由して

ユーザーが必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにした

ソフトウエアもしくはその提供形態を指す。

 

通常、シングルシステム・マルチテナント方式、

つまり複数の利用者で事業者が提供するコンピュータ環境を共有して

ソフトウエアを利用する形態となっています。

 

以前ならパッケージソフトを購入し、

利用者のパソコンにインストールしてソフトウエアを利用することが

多かったと思いますが、

SaaSではソフトウエアを事業者が提供するコンピュータで稼働させ、

利用者はそのソフトウエアの機能を

インターネット経由でサービスとして利用し、

そのサービスに応じて料金を支払う形態が主流となっているのが特徴といえます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 SaaS(サース)では

 ソフトウェアはクライアントのアカウントごとに提供されているため
インターネット環境があればどこからでもアクセスできるので
テレワークなどのリモートワークや働き方改革にもつながるといえます。

また「SaaS」では、

パッケージ型のソフトウェアにはない大きな特徴として

ひとつのファイルを共有し、

複数のチームや複数のユーザーで同時にデータの管理・編集ができます。

 

「SaaS」では、

クラウドサーバーのソフトウェアを利用するため、
ソフトウェアの開発不要で、

導入コストが安いというのはメリットのひとつです。

アカウントの追加などだけで

社員の増減にも対応できるので

無駄を省け、

余分な費用を出さないで済みます。

 

また「SaaS」では、

 ソフトウェアはクライアントのアカウントごとに提供されているため

サービスを提供するベンダー側でバージョンアップを行うため、

最新バージョンへの更新やセキュリティ対策など
パッケージ型のソフトウェアなどでは
個々で行なっていたものをする必要がなく

サービス内容も最新でセキュリティの面でも安心といえます。

ソフトウェアの管理に手間がかからないので、

ランニングコストも安く抑えることができるというのも

メリットと言えるでしょう。

 

ベンダー側が提供している以上のサービスは利用ができないために
自社開発や専門のパッケージソフトほどの
カスタマイズができないので
ソフトウェアのカスタマイズ自由度が低いというのが
デメリットとは言えますが
非常にサービスの質が高いので
カスタマイズを必要としない業務やサービスに
合わせていけばデメリットということはないでしょう。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

SaaS、PaaS、IaaSなどという言葉を

よく目にしますが

 

「PaaS」は

「Platform as a Service」の略で、

「パース」と呼び


「IaaS」は

「Infrastructure as a Service」の略で、

「イアース」または「アイアース」と呼びます

 

システムの構築に必要な

サーバーやネットワークを提供するのが

「IaaS」

 

「IaaS」にプラスして

OSやミドルウェアまで提供するのが

「PaaS」

 

「PaaS」にアプリケーションまで含めて

まとめて提供するのが

「SaaS」

と考えれば

どの段階までを

提供しているのかというので

区別がつくと思います。

 

「SaaS」は

GmailなどのWebメールや
Microsoft Office 365などのオフィスソフト
サイボウズなどのグループウェア

などがその代表的なものであり、

意外と身近に使っているものだったりします。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link