マイル戦線の新王者誕生。マイルチャンピオンシップはセリフォスが差し切る。

マイルチャンピオンシップはセリフォスが後ろから直線一気にきましたね。

セリフォスは2歳新馬から新潟2歳S(G3)・デイリー杯2歳S(G2)と3連勝して、朝日フューチュリティ(G1)でも1番人気になった馬です。

朝日フューチュリティ(G1)では1番人気で、2着と惜しい競馬でした。

そこの勝ち馬がダービー馬ドウデュース。

 

デビューからマイルの1600m戦だけを走り続けたセリフォスは、その後もマイル戦のみを主戦場にして、NHKマイルC(G1)と安田記念(G1)と挑戦するもどちらも4着。

 

毎回良い脚をつかってあがってくる馬で、富士S(G2)を1番人気で見事に勝ち上がり、マイルチャンピオンシップに挑みました。

今回は豪快な末脚炸裂で一気に古馬のマイル戦線の新王者誕生になるかもしれません。

 

 

Sponsored Link