現物取引のメリット・デメリット。投資で一番大事なことは余裕を持つこと。リスクを制限できるので良い投資につながりやすい。資金力によって、レバのかけ方も変わっていくので武器としての信用取引も。

 

Sponsored Link

 

 

株の取引には

現物取引と信用取引があります

 

個人的な感覚で言えば、

投資スタイルと

投資期間

運用がアクティブなのか

そうでないのかや

資産のレベルによっても変わってくると思います。

 

資産が1000万程度までだと

ややレバを増やしたアクティブな投資の方が

たしかに良い面もあります。

ただ資産が増えることによって

リスクマネジメントが大事になってくるので

現物投資メインで

ヘッジなどに

信用取引というのが

大事かなと考えます。

 

額が大きくなるに従って、

リスクマネジメントの方が重要となり

投資できる額も増えているので

レバをかける必要性は薄れてくると考えます。

 

レバをかけることによって

何倍もの投資ができるようになる反面

何倍もの損失を一気にあびる可能性も高まるので

現物投資がメインにした方が

正解だと考えます。

 

もちろん信用取引には

空売りということができるので

ヘッジという観点でも

武器にはなります。

 

信用取引を利用すると、

保有資金を超える額のお金を借りて株式を購入したり(空買い)、

持っていない株式を借りて売却したり(空売り)することができるわけです。

 

身の丈をこえた投資や

期限があるような投資は

リスクを管理できるのが前提だと言えます。

 

一番は資金力がない時期に

レバをきかせて

それを補うためと考えるので

1000万以上や億単位の資金になれば

そこまでのリスクを追う必要があるのかは

個人の判断と思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

現物取引とは

 

通常、株式や債券などの有価証券の取引は、

その時々の市場の時価で計算した売買代金を受け渡すことで行われています。

この通常の取引のことを現物取引と言います。

 

最大の損失と言えば

買った会社が経営破たんして倒産したとしても、

投資金額はゼロになるだけです。

投資金額以上に損失が出ることはありません。

 

資金力がないときは

時間という面では

大変な部分もありますが

リスクは抑えれます

 

期限がなく、

あるお金が減ったり増えたりなので

信用取引ほど

損を抱えても

あせることもない取引だと考えます。

 

もちろん損を抱えれば損切りというのは大事になると

考えますが、

長い目であがると考えるならば

自分が売りたいときまで

寝かせておけるという面では

心に余裕が持てると思います。 

 

ただ現物取引のデメリットとしては

買い方として

買う方からの投資しかできないので

右肩あがりの場合でないと

勝てないという面はあります。

 

Sponsored Link

 

 

 

資金が大きくなればなるほと

現物取引の方が

余裕の持てる取引だと考えます。

 

信用取引というのは

きちんと

使い方を理解した上で

切り札として

もっているのは良いと考えます、

 

新興株のグロース株などの場合

不安定な動きをする時期もありますので

現物取引の方が

心に余裕が持てると考えます。

 

現物取引だと

信用取引ほど

レバをきかせた大きな取引ができないから

お金を増やしていくのが難しいと

考える気持ちも

わかります。

 

ただ、

現物取引だから

大きく増やせないというのは

銘柄選びに問題があるケースの方が

大きいのではないかと考えます。

 

資金力にあったものに投資しているのか

値動きなどの特性を把握しているのか

など

きちんと理解していけば

現物投資でも

年3~4倍程度は

誰でも増やしていけるというのは

個人的な実感です。

 

実際に

ブログやツィッターをはじめてからは

毎年4倍ほどのペースで

現物取引メインでも

増やせているので

難しい投資をしなくっても

誰でも

増やせるものだと考えます。

 

個人的には

以前には信用取引も

利用してた時期もありますが

今は現物取引メインで

いかに増やせるかを

頑張っています。

 

 投資に一番大事なものは

余裕を持つことだと

考えます。

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link